XXX 離婚調停 流れ

2010年07月22日

離婚調停 流れ

私が離婚調停に成功した理由はこちらですぴかぴか(新しい)

離婚する際、相手との話し合いで納得できない場合、離婚調停に進みます。

でも離婚調停ってどんなものかわからないので不安になる方も多いと思いますたらーっ(汗)

どんな流れで離婚調停が進むのかを少し説明しますねわーい(嬉しい顔)

離婚調停は、まず調停申立書を提出することから始まります。

そして、その申立書が受理されれば、家庭裁判所から、当事者に呼出状が送付されます。

この呼出状に第一回調停日が書かれています。

そして、ここからやっと離婚調停が始まるのです。

原則として裁判所が指定する日に第一回調停日を行うものですが、もし都合が悪い場合は変更も可能ですよ。

申立書を提出したら離婚調停がはじまると思って意気込んでいても、申立書を提出してから第一回調停まで、かなり時間がかかります。

平均すると1ヶ月くらいの時間がかかります。

裁判所によっては2カ月から3カ月ほどの時間がかかる場合もありますよ。

調停は約1カ月に1回ペースで行われます。

調停の回数はその夫婦によってかわってきますので、一概には言えませんが、長い人では半年から1年以上かかる場合もあるようです。

そして、調停でお互いに離婚に合意した場合、調停の継続は無意味であると裁判所が判断した場合、離婚調停が終了します。

また、相手の同意などがなくても申立人が調停を取り下げることができますので、申立人が調停取り下げをして離婚調停が終了する場合もあります。

これが離婚調停の流れになります。

この流れから見てもわかるように、離婚調停はとても長い道のりとなっています。

離婚調停はとても時間のかかるものなのですあせあせ(飛び散る汗)

離婚調停成功の法則

posted by rikon at 12:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする