XXX 離婚調停 親権

2010年08月07日

離婚調停 親権

私が離婚調停に成功した理由はこちらですよぴかぴか(新しい)

離婚調停で取り上げられるものとして親権の問題があると思いますたらーっ(汗)

実際、私も子供がいますので親権の問題はありましたあせあせ(飛び散る汗)

親権については、子供の事を第一に考えますので、たとえ離婚の原因を作った人でも親権を得ることはできます。

親権を得るのは、基本的に母親が有利となります。

特に子供が小さければ小さいほど母親が必要と判断されますので、母親が有利です。

そのため、いくら父親が親権を取りたいと思っても、難しいのが現状です。

でも、父親でも親権を取ることは不可能ではありません。

特に別居している場合は、別居している時点で子供を父親が養育していれば父親も親権を取ることができます。

何より大切なおは子供を養育環境が整っているかということです。

私の場合、子供だけは手放したくないという思いから親権を取ることにしました。

もちろん、母親ですので有利となるのはわかっていましたが、経済面では苦しいので、親権を元夫に取られるかもしれないと不安になりました。

でも、経済面に関しては養育費というものがあるので、それほど重要視されないことがわかり、私も安心して離婚調停で親権を取ることを主張することができましたよ。

もし、子供が複数いた場合は、親権を分けることもできます。

早く離婚したいために親権を手放してしまうと後々後期することになりますもうやだ〜(悲しい顔)

離婚調停でしっかりと話し合っておいたほうがいいですよわーい(嬉しい顔)

離婚調停成功の法則



posted by rikon at 02:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。