XXX 浮気と復縁

2011年08月06日

浮気と復縁

私が離婚を成功させた離婚調停成功の法則はこちらぴかぴか(新しい)

浮気を離婚原因にするためには、『婚姻状態が破たん状態でない』場合でなければ、不貞の証拠とはなりません。

離婚をお互いに話し合っている状態では、もう既に「婚姻関係の破綻」状態になっているので、その段階の「浮気」の証拠を押さえても意味が無くなってしまうんです。

「婚姻関係の破たん」状態かどうかのボーダーラインについては、夫婦それぞれで意見の食い違いが発生し、よくモメる原因になっているそうです。どんっ(衝撃)

浮気した人間は

「浮気をした時は、既に婚姻関係の破たんした状態だった。新しい相手と付き合いだした時には、離婚を考えていた」

と主張するでしょう。

ここで一番注意してほしいのは、「離婚を考えいる」という状態では、まだ婚姻生活は破綻していないということです。目

なぜなら、同居、別居に限らず、一度籍をいれた夫婦というものは、それぞれ『婚姻生活を継続されるための努力』をしないといけませんから…

「離婚を考えいる」という段階で浮気をした場合、不貞行為とみなされてしまいます。

逆手に取れば、「離婚の話し合いをしていない状態」なら、浮気の証拠は効果を発揮するということです。

「浮気の証拠を押さえなかった!でも、離婚の可能性が高い」

こんな場合は、『復縁』を声にだして復縁の話し合いをしてみましょう。黒ハート

どちらか、一方が復縁を希望した場合は、婚姻関係の破たんとは取られませんし、かならず双方は継続のための話し合いをしなさいとされていますから、どちらかが、復縁を希望して、話し合いをしている場合は、これは 破たんしているとは判断されないのです。

そして復縁の話し合いの最中に、浮気の証拠を押さえることができれば、これは離婚原因が浮気である証拠と使えるんですよ。

もちろん、そういう話し合いの経過は日付と内容、旦那さんの帰宅時間などもメモを忘れずに記録をしておきましょうねメモ

そして、別居してるからといって決して「婚姻関係の破たん」とはならないということは覚えておいてくださいね。晴れ

私が離婚を成功させた離婚調停成功の法則はこちらぴかぴか(新しい)


posted by rikon at 06:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。