XXX 子育てサポート

2011年10月05日

子育てサポート

私が離婚を成功させた離婚調停成功の法則はこちらぴかぴか(新しい)

シングルマザーで子供を育てながら、働くためには、一番大切なのは『覚悟』ですが、子育てというものは、自分一人で抱え込むのは、絶対に無理です。

子供というものは、突発性の賜物みたいなものなので、毎日がハプニングで毎日がアクシデントの連続ですよね?ふらふら

それに一人で対応するにも限界がありますたらーっ(汗)

もちろん、自分自身が、病気になることもありますし、実際、私自身も、離婚後半年で、入院することになりました病院

子供を育てるためのサポートが、市区町村でも色々あるので、まずは、自分自身で出来ることを調べておいてください。

私の住む市では、病気になった子供で、回復期に預かってくれる施設があります。

病院で預かってくれるところもあるので、病気の子供でも大丈夫の施設もあります。

費用もかかりますし、時間帯にも制約がありますが、1日1000円から2000円で利用可能ですから、是非チェックしてみてください。

昔は、5か所程度だった施設も、この10年で30箇所以上に増えていますし、利用できるサービスは、利用して、子育てを自分一人で抱え込まないことが一番です。

自分自身が病気になってしまったとき…

そんな時には、子供のショートステイというサービスがあります。

1週間程までなら、乳児院や児童養護施設に入所できるというもので、ひとり親家庭なら1日1000〜1100円で利用することができます。

ただ、昼間の保育所感覚ではなく、夜も泊まるとなるので、お子さんの心のケアの部分はしっかりと考えないといけません。

もし、実家のサポートがちょっとでも期待できるのであれば、一時保育事業というサポートの方がお勧めです。

これは、私が緊急入院した時に実際に利用したサービスで、普通の保育園で、一時的に預かってもらえるというものです。

実家と私の住んでいる市は別なのですが、同じようなサービスがありましたから、行政機関が違っても、今は、一時保育してもらえる保育園はあるようです。

子供を預かる側の負担を少しでも軽くなるようにしておかないと、また、次にお願いしたい時に、断られてしまいますから…

一日の利用料は1000円から3000円程ですが、子供たちは、普段通っている保育所と同じ感覚で生活できるので、楽しんで通っていたそうです。

実際に、その利用の間に、その園で遠足があったらしく、遠足にも参加させてもらえましたし、兄弟一緒に預かってもらえるのも助かったそうです。

働きながら、生活をするためには、何かを切り捨てて諦めないといけない時が、いっぱいやってきます。

今は、昔より仕事を持つ女性が増えた分、行政機関のサポートも、色々ありますから、調べておいて損はありません。

インターネットで情報のきっかけを作るだけでなく、市の福祉課への相談もして、一人で頑張りすぎず、一日一日を積み重ねていきましょうね黒ハート

私が離婚を成功させた離婚調停成功の法則はこちらぴかぴか(新しい)



posted by rikon at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。