XXX 別居中の生活費

2012年02月26日

別居中の生活費

私が離婚を成功させた離婚調停成功の法則はこちらぴかぴか(新しい)

別居中の生活費は、まだ婚姻関係にある夫から「婚姻費用の分担」として貰えるように、離婚調停と同時に申立てをしました。

私が勝手に飛び出したとはいえ、夫にはまだ家族である私達を扶養する義務があるからです。

しかし、夫は、私が勝手に飛び出したという事を理由に、すぐには払おうとしませんでした。

さらに、私がお金を持ち出していると主張し出したのです!がく〜(落胆した顔)

同居中の生活費の残った分を貯金してたのは確かですが、そもそも私のやり繰りで貯えたもの。

そんなことまで言ってくる夫には、ほとほと愛想が尽きましたちっ(怒った顔)

もともと、結婚当初から、夫は貰った給料そのままを渡してはくれませんでした。

だから、夫婦だったにも関わらず、私は夫名義の貯蓄を正確には知らないのです。

ただ、夫が生活費を渋るのは想定内のこと。

取り敢えずは、私名義の貯金と、パート収入で生活したんです。

実家の母に迷惑をかけながらも、何とか凌ぎました。

夫が婚姻中にも関わらず生活費を渡さないのは、義務を果たさないということで、裁判所に悪い印象を与えます。

その後、調停半ば頃になって、夫は給料の出る月末に送金してくるようになりました。

付いている弁護士の説得もあったようです。

別居中も、婚姻関係にある間は、夫に生活費を請求出来ます。

自分の収入と考え合わせて請求すればいいのですが、生活費以外にも、子供の学資、自分自身の交際費など、しっかり出費の計算をしておく必要があります。

お金の準備は、本当に大切です。手(グー)

私が離婚を成功させた離婚調停成功の法則はこちらぴかぴか(新しい)


posted by rikon at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。